空手帯の追加刺繍からの刺繍ワッペンご注文。嬉し涙(=^∇^=)。

刺繍 コメントcomments(0) trackbacks(0) 代表取締まられ役@管理人

空手帯に刺繍

前回納めた空手用の帯ですが

お客様が物凄く喜んでいたとのご報告。

「追加が来たよー」とまたまたお仕事頂きました。

前回の刺繍をした後にベルト刺繍で技術を上げた私(笑)

 

↓アップで見られても怖くない仕上がりです。w

刺繍帯

まぁ、しかし帯への刺繍は手強いです。

途中幾度となく糸が切れました。

切れないように色々と工夫をしているのですが

それでも切れる。

帯は持ち込みなので失敗が許されない仕事。

もうドキドキしながら禿げる思いで刺繍してます(笑)

 

↓日曜日にお電話でお問い合わせの刺繍ワッペン

刺繍ワッペン

「お休みの日にすみませ〜〜〜〜ん」とお電話。

いえいえ。休みなんぞいらない私ですから大丈夫です。

お仕事を頂けるなら日曜祭日関係無しに働きます。

仕事中毒と呼んで下さい(大笑)

 

この刺繍ワッペン、お客様の方から昇華転写でとのご指定でした。

送られてきた画像を見て納得。

とても刺繍できる柄ではありません。

小さすぎて何が何やら解らなくなるでしょうね。

 

と言うことで当社得意の昇華転写の出番。

最初、直径4cmで転写。。。

 

はい、文字が潰れて見えません(涙)

 

つぎに直径5cmで転写。。。

 

先生〜〜!見えませ〜〜〜ん。

 

結局、直径6cmで転写してやっと文字が見えるようになりました。

こりゃ、自社設備が無かったら大赤字になってます。

あってよかった昇華転写設備。w

 

↓仕上げは周囲を刺繍でグルリと囲む。

刺繍ワッペン

昇華転写だけでは味気ないので

周囲をグルッと刺繍で囲みます。

これで刺繍ワッペンの出来上がり。

 

簡単にそうに見えますが

昇華転写した生地に刺繍の位置を合わせるのも

一苦労なんです。

なんせ、昇華転写の温度は200℃ですので

生地がキュッと縮んでしまいます。

このあたりが経験と勘。

ちょっとお疲れモード入りました。

 

-----

 

月末のドタバタな日に

なんと風邪ひきました。

昨日からちょっと調子が悪かったんですが

今朝起きたら見事に発熱。

 

久しぶりの風邪です。

喘息持ちなので風邪だけはひかないように

用心していたのですが。。

 

ビールで消毒して早めに寝ます(笑)

ではでは(=^∇^=)。

 

 

コメント
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM