遮光タイプのスエード生地に両面転写。後半は刺繍ワッペンの巻。

応援旗 コメントcomments(0) trackbacks(0) 代表取締まられ役@管理人

応援旗

応援旗の追加ご注文。厚手でしかも両面が良いとのご要望。

通常、厚手の生地は片面のみ昇華転写することが出来ます。

裏面は白っぽい感じ。若干、透けているかな程度です。

なので、応援旗は薄手のポンジ布を使って

両面から見えるように製作します。

 

しかし、「ペラペラはイヤなので厚手で両面で作って欲しい」

と言うことで、遮光タイプのスエード生地を使用しました。

表用と裏用の2枚を印刷してスエード生地と一緒に

熱転写機に投入します。

ずれないように慎重に作業して無事に作業完了しました。

 

刺繍ワッペンレイアウトの図。

刺繍ワッペン

刺繍枠に針がぶつかると悲惨なことになるので

型紙を作って位置決めは慎重に行います。

 

↓ゾロリと完成。

刺繍ワッペン

型紙通りの出来映えです。

ちなみに当社の刺繍機は15本も針が付いてますが

どんなに針が多くても下糸を格納する

ボビンは1個↓

ボビンケース

ちっちゃ!!

つーか家庭用ミシンと同サイズ。

てっきりバームクーヘンみたいなデッカい

ボビンが付いているのかと思ってました(笑)

 

このサイズですので下糸はしょっちゅう無くなって補充。

かなり面倒な作業です。

デッカいの作って下さい。バームクーヘンみたいなの。w

 

↓調子に乗っていると

刺繍ワッペン

ガシャガシャガシャガシャと悲惨な状況が

時折訪れます。

糸をほどく時間が勿体ないので続行。

1000枚完成への道は遠いですね。

 

-----

 

10月になって一気に気温が下がってきました。

そろそろ刺繍ジャンパーの準備もせねばと企画中です。

ワッペンだらけのジャンパーにしてみましょうか(笑)

 

ではでは(=^∇^=)。

 

 

コメント
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM